1. 脂肪吸引失敗例トップ
  2. 万が一の失敗対応

皮膚の適正チェック

皮膚の適正チェック
万が一の失敗があったときに対応してくれるドクターかどうか、
その技術や設備はあるのかを事前にチェックしておくと安心です!

意外と多い、皮膚の状態からくる失敗

実際に失敗したとき困ることを明確にイメージすることが、
失敗回避の重要ポイントです!

5つの項目が施術後の皮膚の状態にまつわるものです

実際、失敗したとき困ること
  • 術後のアフターケア環境が整っていない
  • 保証制度があっても、実は修正してくれない
  • 再手術しても、改善されない

脂肪吸引してキレイになるはずが、仕上がってみたらデコボコだった、ゴボウのようにただガリガリにされた、明らかに術部だけ凹んでいてバランスが変になった…。
そんな失敗に陥ったら、まずは施術したクリニックに問い合わせるのが一般的。
でも、万が一の際の失敗保証を設けていないクリニックは意外と多いのが現実です。また、保証制度を設けていても実際は修正対応してくれないケースも少なくありません。
例えば、「内出血がずっと引かない? 数ヶ月経てば引きますよ(注※実際は約2週間ほどで引くのが通常)」と言われたり、デコボコの仕上がりでも「気にし過ぎですよ。これくらい普通のボディラインでしょう」とごまかされたり。
なぜ、そのような不親切な対応をするクリニックやドクターが多いのかというと、修正にはとても高い技術や最新の機器が必要だから。通常の脂肪吸引を行えるクリニックは多いけれど、それに加えて修正施術まで行えるドクターはとても少ないのです。
万が一、失敗したときはどのように対応してくれるのか? 脂肪吸引をするときはその点も考慮してドクター選びを行うと良いでしょう。

修正治療には通常の脂肪吸引よりも高い技術が必要
  • 一度吸引して硬くなった組織はアプロ―チが難しい
  • ボリューム修正には脂肪注入技術も必要
  • 修正に適した治療機器には扱うための認定資格がいる

修正技術を見抜くポイント

脂肪吸引の失敗修正とはどんなものか?
修正治療を行えるドクターの特徴もチェックしましょう!!
修正治療技術を持つドクターやクリニックの特徴
  • カウンセリング時、リスクも説明してくれる
  • 修正に適したツールや機器が豊富
  • 失敗の修正症例が豊富である

脂肪吸引の失敗には大きく分けて、以下の3つの修正治療法があります。

  • 【1】 取り過ぎて凹んだ部分のボリュームアップ修正
  • 【2】 取りムラや取り残し解消のためのボリュームダウン修正
  • 【3】 たるみを改善するためのタイトニング修正

これらを失敗の症状に合わせて的確にアプローチするわけですが、形がくずれ問題が起きている状態を美しく修正するには、デザイン力を伴う高度な技術や、経験が必要。これらのスキルや修正技術を見抜くポイントは、まず失敗のリスクをカウンセリングで説明してくれること。知識の高さを計ることができるのでオススメです。
また、修正施術の症例が豊富かどうかも動画サイトなどで確認できるので、美容クリニックやドクター名で施術動画を検索してみると良いでしょう。
一度吸引して、硬くなった組織にもアプローチできる吸引機やタイトニングマシーンがあるかどうかも動画やクリニックHPでチェックできます。

このようなリスクを回避するためには! 負担の少ない新治療と技術力が高く経験豊富な信頼できるドクターが必要!
  • 1.施術の成功率を上げる 病院ではなくドクター選び
  • 2.リスクを事前に確認する 皮膚の適正チェック
  • 3.吸引機器の問題を解決した 負担の少ない新治療