1. 脂肪吸引失敗例トップ
  2. 脂肪吸引のよくある失敗例

脂肪吸引のよくある失敗

美容外科のドクターが教えたがらない、脂肪吸引のよくある失敗をベスト10にまとめました。
何故失敗するのか、失敗しやすい部位をご紹介します。

  1. 1位
    不自然なデザイン
    一目瞭然で分かってしまうボディラインの不自然さ……。明らかにデザイン的な問題から起こる失敗です。
    不自然なデザイン
    失敗しやすい部位
    • 二の腕
    • 太ももの内側
  2. 2位
    むくみが引かない
    脂肪吸引後の通常の症状ですが、時間が経っても引かない場合、せっかくの吸引効果が半減することも。
    むくみが引かない
    失敗しやすい部位
    • ふくらはぎ
  3. 3位
    段差ができた
    一部だけ不自然に盛り上がっていたり、部位の境目に段差ができたりする失敗です。
    段差ができた
    失敗しやすい部位
    • おへそ周り
    • 足首
  4. 4位
    お尻が垂れた
    手術前とお尻の形が違う、もしくは垂れたように感じるというお悩みは、多く寄せられるご相談のひとつです。
    お尻が垂れた
    失敗しやすい部位
    • お尻
    • 太ももの後面
  5. 5位
    傷口が目立つ
    傷口が茶色く色素沈着したり、盛り上がったり。また目立つ場所に作られていることもあります。
    傷口が目立つ
    失敗しやすい部位
    • 二の腕
    • 背中
    • ふくらはぎ
  6. 6位
    溝ができた
    カニューレの通った部分だけが溝のようにくぼみ、細いラインが残ってしまう失敗です。
    溝ができた
    失敗しやすい部位
    • 上腹部
    • 太もも
    • 足首
  7. 7位
    細くなっていない
    期待ほどの脂肪が取られておらず、せっかく手術したのに変化をあまり感じないという方も少なくありません。
    細くなっていない
    失敗しやすい部位
    • 男性の腹部
    • ふくらはぎ
  8. 8位
    左右差がある
    手足の太さやボディラインの崩れなど、左右のバランスが違って不自然というお悩みも多く耳にします。
    左右差がある
    失敗しやすい部位
    • ウエスト
    • 胸部
    • 二の腕
  9. 9位
    皮膚の質感が悪い
    皮膚のハリがなくなったり、シワっぽくなったり、皮膚が変色して見えたりする、失敗です。
    皮膚の質感が悪い
    失敗しやすい部位
    • 二の腕
    • 太ももの内側
  10. 10位
    皮膚がたるんだ
    術後に皮膚がたるんでしまい、ときにはよれることも。特に、元々たるみが強い方は注意が必要です。
    皮膚がたるんだ
    失敗しやすい部位
    • 二の腕
    • 下腹部
  11. 11位
    しびれが消えない
    ピリピリした感覚が続く知覚過敏や、逆に感覚が鈍る知覚鈍麻などの症状は、神経系の問題かもしれません。
    しびれが消えない
    失敗しやすい部位
    • 太ももの前面
    • ふくらはぎ
  12. 12位
    デコボコになった
    皮膚の表面が、まるでセルライトのようにデコボコになってしまうという、相談数もとても多い失敗です。
    デコボコになった
    失敗しやすい部位
    • 二の腕
    • 腹部
    • 太ももの前面
    • ふくらはぎ
  13. 13位
    内出血が消えない
    程度の差はありますが、内出血は術後の通常の症状。ただ、長引くことで不安になる方も少なくありません。
    内出血が消えない
    失敗しやすい部位
    • 太もも
    • 腹部
  14. 14位
    老けて見える
    頬の脂肪吸引に多い失敗です。細いを通りこすと不健康に見えたり、実際よりも老けた印象に……。
    老けて見える
    失敗しやすい部位
    • 顔(頬)
  15. 15位
    皮膚の色素沈着
    圧迫固定していた部分がかぶれたり茶色く色素沈着してしまう肌のトラブルです。
    皮膚の色素沈着
    失敗しやすい部位
    • ウエスト
このようなリスクを回避するためには! 負担の少ない新治療と技術力が高く経験豊富な信頼できるドクターが必要!
  • 1.施術の成功率を上げる 病院ではなくドクター選び
  • 2.リスクを事前に確認する 皮膚の適正チェック
  • 3.吸引機器の問題を解決した 負担の少ない新治療