1. 脂肪吸引失敗例トップ
  2. 脂肪吸引のよくある失敗例
  3. 皮膚の質感が悪い

脂肪吸引のよくある失敗

美容外科のドクターが教えたがらない、脂肪吸引のよくある失敗をレポートBEST10にまとめました。
何故失敗するのか、失敗しやすい部位をご紹介します。

皮膚の質感が悪い

皮膚のハリがなくなったり、シワっぽくなったり、皮膚が変色して見えたりする、失敗です。

皮膚の質感が悪い

何が原因?

これは部分的な脂肪の取り過ぎによって起こります。
脂肪は皮膚に近い浅い層、中間層、筋肉に近い深い層に分かれ、その厚さもそれぞれ異なります。皮膚表層はもっとも薄く脂肪組織も小さいので、ここを取り過ぎたり傷つけたりすることで起こり得る失敗です。

失敗しやすい部位
  • 二の腕
    二の腕
    脂肪が吸引しやすいので取り過ぎが起こりやすく、皮膚の弾力が弱いことで影響が及びやすい部位。
  • 太ももの内側
    太ももの内側
    二の腕同様、脂肪が吸引しやすい部位です。さらに皮膚が薄くデリケートなので注意が必要です。
このようなリスクを回避するためには! 負担の少ない新治療と技術力が高く経験豊富な信頼できるドクターが必要!
  • 1.施術の成功率を上げる 病院ではなくドクター選び
  • 2.リスクを事前に確認する 皮膚の適正チェック
  • 3.吸引機器の問題を解決した 負担の少ない新治療