1. 脂肪吸引失敗例トップ
  2. 脂肪吸引のよくある失敗例
  3. 内出血が消えない

脂肪吸引のよくある失敗

美容外科のドクターが教えたがらない、脂肪吸引のよくある失敗をレポートBEST10にまとめました。
何故失敗するのか、失敗しやすい部位をご紹介します。

内出血が消えない

程度の差はありますが、内出血は術後の通常の症状。ただ、長引くことで不安になる方も少なくありません。

内出血が消えない

何が原因?

まずひとつに、手術による吸引部位の出血量が多いことがあげられます。やはり、出血量が内出血の程度にも現れますので、ダメージの大きい旧式の吸引方法だと長引きます。
また、術後の圧迫固定を体の立体に合わせて均等に行うことで内出血は軽減することもできます。このことから、経験の少ないスタッフによる処置も原因のひとつに考えられます。

失敗しやすい部位
  • 太もも
    太もも
    脂肪量が多く、範囲も広範囲にわたるため、内出血が強くでやすい部位です。
  • 腹部
    腹部
    脂肪が沈着しやすい場所なので必然的に吸引量、出血量も他より多いと言えます。
このようなリスクを回避するためには! 負担の少ない新治療と技術力が高く経験豊富な信頼できるドクターが必要!
  • 1.施術の成功率を上げる 病院ではなくドクター選び
  • 2.リスクを事前に確認する 皮膚の適正チェック
  • 3.吸引機器の問題を解決した 負担の少ない新治療