1. 脂肪吸引失敗例トップ
  2. 脂肪吸引のよくある失敗例
  3. 細くなっていない

脂肪吸引のよくある失敗

美容外科のドクターが教えたがらない、脂肪吸引のよくある失敗をレポートBEST10にまとめました。
何故失敗するのか、失敗しやすい部位をご紹介します。

細くなっていない

期待ほどの脂肪が取られておらず、せっかく手術したのに変化をあまり感じないという方も少なくありません。

細くなっていない

何が原因?

もちろんドクターがきちんと吸引していないケースも考えられますが、太く見えている原因が皮下脂肪ではないケースもあります。指でつまめる脂肪が皮下脂肪ですから、脂肪吸引で改善できるのはその範囲内ということを理解しておきましょう。
また、取ってしまうと弊害が出る部位や全体的なバランスなどから、脂肪を残している場合もあります。しかし、説明不足などからドクターとゲストに認識の違いがあると、失敗したと感じやすいと言えます。

失敗しやすい部位
  • 男性の腹部
    男性の腹部
    内臓脂肪が沈着しやすい男性の場合、お腹が出ていても取れる皮下脂肪が意外と少ないケースがあります。
  • ふくらはぎ
    ふくらはぎ
    太く見える原因が筋肉やむくみの場合は、脂肪吸引によるメリットが少なく、変化が現れないことも。
このようなリスクを回避するためには! 負担の少ない新治療と技術力が高く経験豊富な信頼できるドクターが必要!
  • 1.施術の成功率を上げる 病院ではなくドクター選び
  • 2.リスクを事前に確認する 皮膚の適正チェック
  • 3.吸引機器の問題を解決した 負担の少ない新治療