1. 脂肪吸引失敗例トップ
  2. 脂肪吸引のよくある失敗例
  3. デコボコになった

デコボコになった

美容外科のドクターが教えたがらない、脂肪吸引のよくある失敗をレポートBEST10にまとめました。
何故失敗するのか、失敗しやすい部位をご紹介します。

デコボコになった

皮膚の表面が、まるでセルライトのようにデコボコになってしまうという、相談数もとても多い失敗です。

デコボコになった

何が原因?

これはデコボコに限ったことではありませんが、まずひとつにはドクターの技術力があげられます。経験が浅く、カニューレの操作になれていないと、取りムラになりやすいのです。
他にも、使用する脂肪吸引の機器が関係します。旧式の機器だと吸引の性能が劣るため、どうしても取りムラが起こりやすいと言えます。

失敗しやすい部位
  • 二の腕
    二の腕
    皮膚の弾力が弱いため、取りムラがあると目立ちやすい部位と言えます。
  • 腹部
    腹部
    二の腕同様、皮膚がたるみやすいので取りムラによるデコボコが目立つ部位です。
  • 太ももの前面
    太ももの前面
    脂肪が薄く筋肉層と皮膚層が近いので、取りムラが目立ちます。
  • ふくらはぎ
    ふくらはぎ
    大半が筋肉であるこの部位も、取りムラが起こりやすいと言えます。
このようなリスクを回避するためには! 負担の少ない新治療と技術力が高く経験豊富な信頼できるドクターが必要!
  • 1.施術の成功率を上げる 病院ではなくドクター選び
  • 2.リスクを事前に確認する 皮膚の適正チェック
  • 3.吸引機器の問題を解決した 負担の少ない新治療